エロゲの感想などを書いている雑記(基本ネタバレ

名前通りですがネタバレ有りでエロゲの感想を中心に書いていく予定です。なるべく作品の面白かったところを伝えていきたいなと思っています。手放しで何でも称賛というわけではありませんが

花の野に咲くうたかたの 感想

麗奈

  • ビジュアルが超かわいい。スタイルもとても良い。
  • キャラクターも大人っぽいクールな感じで好み
  • とはいえ、ちゃんと主人公は好きでいい感じの幼馴染ででもあるし、たまに見せる可愛らしい様子がまた素晴らしく感じる。
  • シナリオは麗奈ファミリーと美奈ファミリー間できな臭い感じになるのかと思ったけど、麗奈父が普通に良い父親していて、死してなお娘と夫を気遣う麗奈母が素晴らしいねってなりました。すごく盛り上がるって感じじゃないけど途中からは落ち着いてゆったりした気持ちでプレイできました。
  • 主人公も麗奈を探したり、手紙を探すのに活躍してて良かったです。
  • 途中まで美奈が感じ悪いだけでしたが、シナリオが進んでいくとちゃんと良い子になるのもよし。

汐音

  • 全然盛り上がらないシナリオ。他ルートへの布石にはなりそう。

涼子

  • こちらも特に盛り上がりはないんだけど、キャラが非常に可愛かったですね。

クールな美人な生徒会長で合理的な考え方をするんだけど、不思議なことには興味がとてもあり「おやっ?」とするところがあります。 でもそのおやって思うところも子供の頃の経験から来ていてちゃんと理由があるところも良かった。 ちょっと冷めた感じがあるのも同じく子供の頃の経験からっていうキャラ付けがちゃんとあるのも良いですね。

で、そんな雫と学内の事件を追ったり、鏡の力で閉じ込められたりといった困難を乗り越えながら仲を深めていって、ちゃんと主人公が好きっていうところを見せてくれるのとても良かったです。 麗奈も良かったけど雫も負けず劣らず好きになれましたね。

桜花+花の野に咲くうたかたのルート

思った以上に可愛かった。 シナリオは桜花ルートは道隆君がやばくなりそうな雰囲気を見せてエピローグが終わったのでこれからってところですね。 で、花の野に咲くうたかたのルートは桜花の正体がはっきりする種明かし展開。 率直に言ってすごく盛り上がるってわけじゃないけど桜花を良い感じのキャラに仕上げてくれているので丸く収まって良かったねえって思う内容でした。

まとめ

キャラクターは魅力的に仕上がっているし、テキストも読みやすいし、設定も面白かったんだけどもうちょっと話を膨らませても良かったかなあという気も。山頂に何が残っているのかとか、鏡石にまつわる過去話とかあったら良かったなあなんて。

フェイクアズール・アーコロジー 感想

適当に感想

春子

  • フライトでのバトル描写が面白かった。熱めでした。
  • 風見さんめっちゃいい人だった。
  • 春子さん自身はそんなに女性として惹かれる感じはなかったんですが、シナリオは思ったより盛り上がったなあと思いました。
  • 同じものを見ていると思っていたけどそうでもなくてすれ違うけど、お互いに好きだっていう気持ちは本物で、わかり合うというか妥協するのにフライトで決着をつけないとたどり着けない不器用な感じは好き。

  • 大樹おばさんがめっちゃうざい。
  • しかも春子ルート先にやってるから概ね何しようとしているかも分かっているからあまり盛り上がらず。
  • 最後にちゃんと失脚したのだけはメシウマかな。極刑でもいいと思うけど。

莉音

  • 春子以上に空に対する価値観が違いすぎる二人でまあこういう展開になるよねと行った感じ。
  • とはいえ空を取り戻さないなら本当にヒモだし、それよりは良いのではと思います。それ(ヒモ)でも莉音は良かったんだろうけど甲斐性なさすぎでしょってなるので。

レティ

  • 実に魅力的なヒロインでした。
    • いい女っていう表現が私としてはとてもしっくり来る。主人公を試し、そして高みに引き上げていく感じがあります。
  • シナリオは主人公頑張ってたし、フライト描写もたくさんで楽しかったです。集大成感のあるシナリオでした。
  • 浴衣レティかわいい。

ノエル(キャロル)

  • 思ったよりエロボディだしエロいし良かった。

グランド

  • 金髪美少女と世界一周とか最高すぎですね。

その他思ったこと

主人公について

  • どのルートも主人公が空を取り戻すストーリーだなって。
  • やればできる主人公。だけどやるまではほんとただ惰性で生きてるような感じなのでそこを抜けるまでがどのルートでも辛いです。* * 春子ルートはすぐにフライトの訓練はじめるし、レティルートもすぐ飛び出すから良いけど。
  • まあ本当にフライトだけに打ち込んでいたところでそれを急に奪われたのでああなってしまうのもわからなくはないですけどね。
    • このあたりはサイドストーリーの「千尋の鬱屈」あたりでよく描写されていて良かった。
    • あとはそれを3年続けているのをどう思うかって話かなあ。

      その他キャラ

  • 風見さん結構好き。
  • 大樹おばさんはどのルートでも敵役で邪魔ばっかりしてくるんだけど小物感がすごくて、敵役としての魅力にかける。

全部やりきってからリバコロの終盤のシーンを見ると

  • めっちゃいいシーンに感じるようになりました。
  • もうノエルと千尋が登場してるだけでもなんか楽しいし、レティや春子や風見さんの名前が出るだけでも嬉しい。
  • しかもレティがしれっと妊娠してる。

きゃらぶれーしょん! ~乙女は恋してキャラぶれる~ 感想

共通パート

ユキが監獄に帰還するときのやり取りがなんかいい感じで感動してしまった。

コロナ

  • 容姿かわいいし、エロ方面で恥ずかしがる感じも可愛い。照れ方も可愛い。
  • カップルジュールのやり取りとか最高でしたね。
  • エロ方面は目隠し野外やお風呂Hが良い感じでした。
  • あかりもまた良いキャラでした。レズ(?)HもGOOD。
  • ユキの正体関係で重すぎる展開にならないかが心配でしたがそうならなかったのもありがたい。

アリス

  • 主人公のロリコン開花ぶりがヤバすぎて笑うしか無い。
  • 性的には興味がわかないけど可愛さはあったんじゃないかなと思います。

雪亜

  • アリスから一転して超巨乳
  • 美麗がかなりきっついキャラでした。雪亜のためとは言ってもあそこまでだと厳しい。

姫芽

  • 姫芽から見た初期の印象が真逆のユキと六花との関係がどうなっていくかなあって思ったけど、うまく六花側の中が進展しつつ、付き合うときも変にこじれずすっと入ってくれて良かった。
  • 姫芽自身出れてからとても可愛いので満足度が高い。
  • あとユキの乙女度がとても高かった。
  • 会話のテンポとかも良くて読んでて小気味良い感じでしたね。
  • 美女コンテストのオチもキレイに付いていて良かった

  • 非常に良かった。一番満足度高かったです。
  • 監獄での素の灰は面白いし、六花の前でのお嬢様モードの灰はとてもかわいい。
    • 六花に好かれたい一心で、本当に努力してお嬢様らしくなろうとするところもまたとても良い。
  • シナリオも良かった。
    • 六花が王子様、灰がお姫様であろうとしてそれぞれがいい意味で見栄を張り合ってる感じなんだけど、最終盤に一気に関係が逆転してお互いに着飾らない関係になる展開とても面白かったです。
  • あと別に貧乳じゃないですねこの子は

全体的に

  • 灰、姫芽、コロナあたりが良かったです。
  • 総じてテキストが軽快で読みやすい感じで楽しめたと思います。
  • ユキも魅力的で良かった。
  • ユキの正体を明かすときにグダグダしないと良いなあって思ったけどどのルートもそんなことはなかったので一安心。どのルートでも本当の自分をお互いに出し合ってるから本編後もずっと仲良くできそうですね。
  • あかべぇだからといって良いのかわからないけど、精液の量が多いのも嬉しいところです。特に外出しでちょっとしか出ないとかがっかりなので。

姫と乙女のヤキモチLOVE

ルート別感想

沙良

  • 嫉妬深すぎて面倒くさいかんじが・・・
  • でも最後の急展開からの沙良は良かったなって思います。
    • 急展開のネタ自体は強引でしたが。

菜乃花

  • とても良かった。
  • 年上のお姉さんっぽく主人公をいなしちゃう感じとても良い
  • でもってその関係性や立ち位置が崩れちゃうのを実は怖がってる感じも良かったし、それを超えていこうとしているのも良かったと思います。
  • 菜乃花視点のテキストも良い感じで交換が持てました。
  • イラストも良かったですね。
    • 和服は美しい
    • フェラとパイズリと初体験と目隠しと水着Hと対面座位とだいたいどれも良い感じのHシーンイラスト。
  • まだアリーゼルートはやってないけど、最後に背中を押すアリーゼは自分と重ねるところが大きいんだろうなあって思いました。

ルアージュ

  • 癒し系
  • 努力家なところも良い。
  • 溺愛しすぎてキャラ壊れ気味な主人公面白かった
  • 意外と胸ある
  • Hシーンの構図も総じていい感じだった
  • ストーリーについては特にって感じです。

アリーゼ

  • アリーゼが甘えてきて延々とイチャイチャするだけのシナリオでした。
  • 和服Hなんてなかった・・・
  • ビジュアルは可愛いし声もいいんだけどちょっと節操がなさすぎた感じも、もうちょっと話が膨らむのを期待してしまったのが良くなかったか。

ハーレムルート

  • 開き直ってハチャメチャな感じで良かった。
  • マジョ子さんHはありがたい。

アエリアル・ライフ 感想

  • 久々にてんまそさん原画のエロゲなのとくすはらゆいさんCVで購入。
  • 最初オトメがなんかマグロ状態でしたが、だんだん記憶が戻ってくると可愛さが増してくるのが良い。
  • そしてロープラなので短い。
  • エロシーンだらけなのは良い。

僕と彼女のご奉仕同棲 感想

  • ロープラなので短め。
  • ストーリーも基本イチャエロしてるだけだが、テキストは悪くないと思う。
  • 詩乃めっちゃかわいい。
  • 立ち絵がすごく強い。メイド服も制服も私服も全部良いし太ももが眩しすぎる。ほんと見てて可愛いし、ちゃんと色気もある。
  • 言動も可愛げがある。
  • Hシーンはもっと着衣度が高いのがたくさんあったらなあって思いました。あと立ち絵が良すぎてエロシーンのCGはそこまで響かなかったかなあと。

Re:birth colony -Lost azurite- 感想

Re:birth colony -Lost azurite-

瑠璃

  • 文章にするとありきたりになってしまうけど世界の命運と一番大切な人のどちらか片方しか選べなかったらどちらを取るかといった展開のお話。
  • その世界に住んでいる大多数の人にとっては前者が正しい選択なのは分かるけど、後者である瑠璃を犠牲にしなくてはいけない状況に「ハイそうですか」とはいかずに真剣に葛藤しそして最後までもがいてみせる主人公の姿は前者の人には往生際が悪い用に見えるのかもしれない。しかし、よく言ってくれたと思うものがありました。
  • まあこんな事を言いながら最終的にはハッピーエンドでまとまるのですが・・・。
  • シナリオ的には女王が誕生した背景とかが分かって、この先、別のルートをより楽しめそうだなと思いました。
  • また、オフィシャルページに書いてある女王の説明で以下のように書いてあることに「なるほど確かに」と思う内容でした。

『常に正しい判断を下す』 『だがしかし、小を切り捨てる事にためらわない』 * あとはセルリアと藍理も格好良かったなあって。特にセルリアはこの先個別が本当に楽しみになった。

ノイエルート

ノイエについて

  • 初見は怖い出会いでしたが、実際はピュアで可愛らしかったです。
  • エロボディなのに無頓着で胸元を強調するような服装なのも良し。

シナリオとか

  • シナリオ的にはアズライト(青の少女)の正体が明らかになってスッキリ度が高いかなと思いました。
  • まあ蒼司君と一緒にいるアズライトについては謎も残るんですけど、正面からぶつかって蒼の少女を突破しているのでそこが気持ちいいかなあと。
  • 瑠璃も終盤に出てきてちょっとだけ会話があるけどいろいろと悟ってそうだなと思いました。
    • 昏睡病の危機が去っているのでラピスラズリ・タイプからソレリタイプに移行すればなんとかなるのかな。そのためにノイエが必要って言っていたんだろうし。女王化の道を選ぶかもしれないけど。

セルリア

セルリアについて

  • 気高く格好良くとても尊い
  • それは別に彼女が貴族だからというだけではなく、自分らしくあろうとする言動や心のあり方が美しいのだろうと思う。
  • しかしそれだけじゃなくて共通パートからとてもグイグイ来る感じとか、普通に可愛いところもたくさんあったりとかするのもまた魅力。蒼司が疑われて議会に喧嘩売るセルリアとか可愛すぎると思う。
  • 貧乳のような扱いを頻繁に受けるけど、別に小さくないしセルリアくらいでちょうど良い良い。

シナリオとか

  • シナリオはノイエルートと同じく青の少女と戦っていくのだけれども、セルリア自身は電脳関係の能力があるわけではないので、お互いが別の場所で自分のやれる戦いをやっていく、そんな感じでした。
    • 議会でのセルリアの奮戦は格好良かったし、「私だけの、私を守ってくれる、英雄」という心の声もなんだかとてもしびれてしまった。
  • 青の少女との戦いのメインサポートはノイエとアズライトで、それぞれに見せ場があってそこも良かったと思います。最終的にはアズライトが頑張るわけですが・・・。瑠璃も個別を先にやっているので女王とのやり取りも「なるほどなあ」って思いながら見ることができました。
  • アービノスも女王システムに思うところがあったり、セルリアを彼なりに守りたいという気持ちが大きかったことが、狂ってしまった中でも垣間見れた。最後は彼自身が事態を収集する決め手の一つになったし、すごく見せ場があったなと思います。
  • あと、シアンが蒼司にお嬢様を守ってもらえないかと頼むのは過去のやり取りを知っているだけに余程のことで心が震える。
    • ものすごく歯がゆさや自分の力不足を感じつつもセルリアが本当に大事なのだというのがよく分かる。
  • エピローグはとても前向きになる終わり方だった。娘のソラと今度こそアズライトを犠牲にせずになんとかできると良いなって思います。

アズライト

アズライトについて

最初はよくわからない感じの子でしたが、共通パートが進むに連れて感情が出るようになってきて可愛さが分かってくる感じでした。でも共通パートラストでどのルートでも一時退場してしまうのが辛い。

シナリオとか

  • 一番良い出来でまとまっていたと思います。
  • 全ヒロインはもちろん、サブキャラも大体のキャラはちゃんと見せ場がある。
    • これまで高確率で死亡していたベレンス議長。悪役ではあるけど今回はとても重要ポジションだった。
      • 誰かを切り捨てる女王を非難して青の少女の力でそれを覆そうとするのは、その力が昏睡病の原因であることを知っている主人公サイドからすれば矛盾に満ちまくっているのだが、それを認知させられていないのであればああなってしまっても仕方がないのかもしれないと思いました。
    • アービはもう活躍はないかと思ったけど、このルートでも死に際に一仕事していったし、実に侮れない。
    • 藍理やケーラムさんはちょっと活躍少なめかな。いろいろやってくれているのがテキストでは出てくるのですが。
    • ノイエは彼女が居なかったら青の少女対策のウイルスみたいなのもできなかったので必要不可欠。でも敵の手に落ちたりと結構ついてない役回りも多かった。
    • 瑠璃は最高の活躍でした。
      • 女王となることを受け入れ、青の少女の司令体の目論見を完全に覆す大活躍だし、あの歌も良かったし、セルリアとの信頼関係もとても良かった。
    • セルリアはもう最高の最高でした。
      • 祖父がああなってしまっても自分がすべき最善と信じる道を迷わず進むあの強さは本当にすごかった。
      • そして祖父であるベレンスとの対峙シーンも本当に格好良かったし、対峙が終わったあとのあの涙が強いだけではない人間らしさをものすごく感じ取れてとてつもなく魅力的なヒロインだと感じました。
    • ヒロインであるアズライトはそれなりに魅力はあるんだけど、途中出番がなかったり、触手プレイさせられたり、侵食されそうになったりと彼女自身はそこまで目立っていたという印象はあまりないです。ただ、このルートはソアとの別れもしっかり描写してくれたし、今までどのルートでもただ敵だった司令体達も受け入れるルートになっていてその点にとても満足しています。

総評

  • どのルートもそれぞれに面白かったです。
  • ルートロックの都合上、最後にプレイすることになるアズライトルートが総まとめとして納得できる内容でそこも良かったです。
  • セルリア最高すぎたのでそういう意味でも大満足でした。