エロゲの感想などを書いている雑記(基本ネタバレ

名前通りですがネタバレ有りでエロゲの感想を中心に書いていく予定です。なるべく作品の面白かったところを伝えていきたいなと思っています。

ハロー・レディ! -New Division- 感想

本編面白かったのでそのまま勢いで購入。

 

#美鳥ルート
本編だと途中で強制退場だった美鳥さんのルート。
本編と同じようにスクールで過ごす訳にはいかないから序盤からピンチが続いて気が抜けない展開でした。
美鳥も十分に気高い感じがあって、その魅力を十分に感じられたなと思います。
内容的には盛り上がりましたが、本編で朔ルートやった直後にプレイしているのでそこと比べちゃうとまあって感じはありますが。

菱吾

途中までは朔ルートをベースにしつつスクールへ突入するあたりから分岐する展開(朔ルートをそのまま展開して行ったら途中で詰むのではと要らない心配をしてしまった)
内容的には菱吾の内面が深掘りできてたし活躍もしてたし黒船を二人で協力して倒す展開も良かったし大変満足。
改めて見ると黒船本当に強すぎますね。
 
本編でこういう流れも見たかったという展開が補完されている感じで良かったなと思います。

 

ハロー・レディ! 感想

ツイッターで紹介されて面白そうだったからやってみました。

結論としては大変楽しめました。以下、ルート別感想。

 

#空子ルート
エトワール女子5人の中では序盤から最も主人公に好意的に接してくるヒロイン。
単にそういう性格なのかなと思いましたが、主人公は浅からぬ因縁があってなかなかに重要な位置付のキャラでした。
もうちょっと軽い流れになるのかなとイメージしてましたが。

トーリー的には復讐と今の空子との幸せのどちらを選ぶかみたいな葛藤があるかと思いましたが、多少の申し訳無さは主人公も感じているものの復讐に迷わず舵を切っていて3/4程復讐を終えたところで普通の幸せを掴むということで終わってみればなるほどこういう結末かという感じでした。
でも、どういう終わり方をするか、そして空子がどういう選択をするのか中々読めない展開が面白かったです。

#珠緒ルート
一番目に見える形で壁と作っていたキャラですが、個別で告白されてからはかなり乙女っぽさも出てきたりするし、さらにエッチしてからデレデレな面が見れるのが可愛い。もともとの荒っぽい感じも魅力でしたけどね。
シナリオは珠緒の真っ直ぐさが凄く眩しかった。
最後の夜会での「俺みたいになってどうするんだよ!お前はもっとカッコつけて、真っ当なことしろよ!!」のフレーズが凄く響いた。

#エルルート
カンの鈍い私としては黒幕が朔なのに驚きました。
エルのハローも予想ついてなかったし、途中でエルと対峙する展開も読めていなかったので、
この先どうなるんだってドキドキしながら読み進められる緊張感のあるストーリーだったと思います。
あとラストシーンのエルの泣き声が凄く強烈で印象に残りました。
キャラとしてはエルは面白い言動や何を考えているのか読めないタイプで見ていて面白かったです。
ルートロックされているだけ合ってシナリオ的には空子や珠緒より良かったなと思います。

#朔ルート
素晴らしい内容だったと思います。せっかくなので細かく感想を書いていきます。

以降通常よりネタバレ注意です。
・個別入りから空子失踪まで
普通に恋愛ものしてた印象。
ハロー発動してないとはいえエルルートであれだけ圧倒的だった朔があっさりピンチになるあたりのギャップが面白かったり普通の人間味みたいなものが垣間見れて親近感頑張った湧いたと思います。

・空子戦から時乃戦まで
基本的に朔無双。
エルルートで見た降魔(オンスロート)版朔で凄さは充分分かっていたつもりでも改めて能力の説明聞くと凄すぎるなあと。
クリアしたあとだとこの時点での能力すら完成形ではないのが分かるわけですが・・・。
降魔化もこの時点で空子と一時的に朔にも発生するしまさにこれまでのルートの内容を踏まえた集大成になりそうな期待感がありました。主人公の復讐劇が綺麗に完成するのかも気になるところでした。

・時乃戦
スクールの真の目的や暗部などが明かされて行く展開。まあ大筋は他キャラのルートで分かっていたところでもあるので、朔がそれをどう受け止めて、主人公の復讐劇に対してどういう対応をとるのかにドキドキしながら読みました。
戦闘自体は割とあっさりでしたが緊迫感はあったと思います。
主人公のハローがここで初めて明かされたのもおおって思うところでしたね。
とは言え、朔とかの方がすごかったのでチート感は然程でも無かったですが・・・。

・黒船戦
これが最終戦でもおかしくないくらい熱い戦いでした。
最後まで初志を貫徹する主人公も格好良かったし、自分の信念をつらぬき通し続けた黒船も素晴らしい仇役でした。あんなに黒船が強かったのも意外だし、御門に仇をなすに至った経緯なども説明がなされていてとても魅力あるキャラに仕上がっていたと思います。

・瑠璃戦
まさかの生きていた妹はとんでもない強さでした。
ヒロイン4人と同時に戦ったらそれぞれチートだし(特に珠緒以外の3人はサシでも勝てないでしょって思っていたら)それを凌駕する強さで驚きでした。
ここは戦闘以外では降魔化のメカニズムなども明らかになり、エルルートでも見られた朔の降魔化により一層なるほどと思える設定が補強されたなと思いました。
それぞれのキャラに見どころがあったのですがだいたい以下のような感想です。
朔:全てを知った上でそれを克服してさらなる高みに上り詰めていく様はまさにノーブルの極みで本当に眩しいキャラでした。さすがこのルートのヒロインだけあって最後に大活躍でしたね。
珠緒:身体能力をハローで上げてもどうにもならないレベルの瑠璃相手でもよく食らいついていたなという印象。正直死なないかハラハラでしたけどね・・・。
空子:能力消えたと思ったけどまさかの再発動。途中でもう一人の空子が出てきてしびれました。
エル:朔の能力覚醒させるのに大活躍。よくやってたと思います。
主人公:ココでも格好良かったです。黒船の技で一矢報いた所は胸熱でした。
鍵石君:しょうもないモブキャラかと思ったらまさかの意地を見せてしびれました。
大義:そんなに目立ったわけじゃないけど最後まで裏切らないいい友人だったんだなあと。
瑠璃:声優さんの名演で声がすごく冷たい感じで凄みがありました。

・まとめ
最終ルートだけ合って本当に読み応えもあり熱いシナリオだったと思います。時乃戦辺りからは続きが気になって最後まで一気に読み切ってしまいました。クリア後の満足感凄かったです。

月影のシミュラクル -解放の羽- 感想


ほぼ前情報を仕入れずにプレイを開始。

とは言え、なんとなく絵やパッケージの雰囲気から軽い伝奇っぽいものになるのかなと思っていましたが、早い段階で人がバンバン死んでいくので怪談っぽい雰囲気が序盤から中盤まではあり、そういった雰囲気を楽しむことが出来ました。あんまりこういう雰囲気のエロゲをやることが少ないので新鮮な感じでしたね。
ルートが進むごとに物語の核心に迫っていく流れはどんどん引き込まれる物があるなと思いました。

 

最初のルートや美優・一葉ルートあたりは基本的に紅に怯えつつの暗めの流れ。
零ルートは若干もやもやあるもののそこそこに前向きな展望もある終わり方。
そして紅ルートで怪談色が消えて行って、まさに解放の羽だったなと思える内容でした。
最初は恐さ満載だった紅があんな感じに落ち着くとは と言った感じです。

最後は全て紅ルートに集約していく流れは見事でミドルプライスながらも中々に楽しめたと思います。

緋のない所に烟は立たない -緋修離と一蓮托生の女たち- 感想

絵と何となく設定に魅力を感じて購入。早速感想。

 

#共通パート

ミステリー小説みたいな感じで楽しめます。
主人公の緋は掴み所がないけどなんとなく不思議な魅力があるし(でも話し方が回りくどいのが魅力ではあるがたまに面倒)、サブキャラの桐子は生足エロいし(でもHはないという)、津希は美人だし高貴さもあるしキャラも中々に魅力。
後はパワーバランスが
がしゅう≦緋(といっても単純な不等号で表せるほど緋が絶対的に強いわけではなくちゃんと準備を整えないとがしゅうは消せないっていうあたりはよかった)
緋<埋葬屋とかの人間の強キャラ
人間の強キャラ<(絶対に勝てない)<がしゅう
みたいな危ういバランスの三すくみになっているのが面白いねって思いました。
無料版の範囲はこの共通パートまでらしいですが、面白くはあるけどこれだけだとかなり物足りなかったんじゃなかろうかって思います。

#小夜編
共通パート同様の三すくみが楽しかったです。
小夜の黒スト良かったのに黒スト脱いでHしてたのが大変悔やまれる。

#由利
内容的には黒幕感のあるグレイマン出てきてるし最後にしたほうが良さそう。
埋葬屋との共闘とか良かったと思う。
あと由利は色気あってよかったと思う。こういう設定なら別に処女じゃなくても良かった気がしますね。

#津希
共通パートの続きみたいな感じで大変楽しく読めました。
キャラとしても津希のツンデレ感や眩しさがとても魅力的に感じられて良かったなあと思う次第。
やっぱりこの子が作中で一番お気に入り。
話的にもおばけ自動車の正体や語り方とか分かりやすく入ってくる感じで良い。

#まとめ
普段私がプレイしているようなエロゲとはまた毛色が異なるエロゲで一風変わった雰囲気を楽しめたかなと思います。

時を紡ぐ約束 感想

面白そうだったのでやってみました。

#共通パート
草壁庵の人たちが凄くいい人だし生活が凄く心温まる感じ。
あと日常会話で33-4とかオリーブオイルとか一昔前の笑ってしまうネタがあったりして結構笑えるところもとっつきやすかったです。

#穂乃香
初見から攻略完了していそうな勢いで主人公好き好きだったのでなんだろうねって思っていたけどそれなりに理由があって納得。
シナリオは主人公のトラウマと穂乃香の夢みたいなバランスが上手く書かれていたり、颯人くんやたら襲撃されるけど大活躍だったりとまずまずの良さだったと思います。でも治安悪すぎてちょっと読んでいてハラハラするというか不安になるシナリオでしたね。
あとアキ君のお陰で危機を脱する(カラオケ店特定)展開とか良かったと思う。
穂乃香も中々に可愛かったと思います。
ただ、途中で変なのが学園に侵入してきたときに生徒会の人たちが話題になってたけど共通パートでも見たことがないし話にも上がらなかったので「誰?」ってなってました。

#心春
テストで1位を取るとか、生徒会長になるとか色々イベントはあったけど、穂乃香ルートをやったあとだと凄く平和なルートに感じました。
心春が会長になったあとでもてっきり前生徒会メンバーが嫌がらせとかをしてくるのではないかと思っていましたが全くそんなことはなかった。
巴自身はもう穂乃香ルートでいい人感あったから裏があるって感じは全くしなかったしね。
内容的にはひたすら心春がかわいい、そしてとてもリーダーとして優秀。
現実ではそううまくいかないだろうけど削減された予算の再確保まで実行に移せるとかとても有能だなって思いました。

#唯依
穂乃香と同じく、初見から攻略完了していそうな好き好きオーラでしたが穂乃香とはまた違った理由があり納得。
なんとも運命的ですね。
小浮気君相当気持ち悪かったし、治安悪かったけどけど先に穂乃香ルート見てたからまあまずまずの平穏さかなって思いました。
文化祭の平穏も穂乃香によって守られているかと思うと感謝しか無いです。過剰に思える警備も穂乃香ルートやったあとだと納得感有りますね。
基本的に小浮気君周りが解決してからは両親の再婚とかチラホラ事件はあるものの平穏に愛情を育んでいる感じで温かい気持ちで見ることの出来るルートでした。

#美咲
藤重さんの嫌がらせにより暗いスタート。
でも組織的な嫌がらせでもない限りは口コミ一件でそこまで評判ガタ落ちはないと思うけどね。
他の口コミもあるだろうし。この場合Webに弱い人しか今まで居なかったのがネックか。唯依なら何とでもできそうだけど。

そんな話はさておき、話としては風評被害から更に不運な出来ことが重なって、どん底からスタートしてゆのはらに活気を取り戻しみりあとも本当に家族になるという大変盛り上がる内容でした。
主人公と攻略対象ヒロイン(この場合美咲)だけではなく、他のヒロインやサブキャラとも協力しながら何かを成し遂げるっていう展開が好きなので凄く楽しんでプレイできました。
心春はもう完全に有能プロマネだったし、唯依も最初はバスの手配以外目立たないのかと思ったけどWeb関係だったり着ぐるみ作ったりと結構活躍しててよかったし、穂乃果はライブで最高に美味しいところ持っていってくれるし(来るんだろうなとは思ったけどホント胸熱でした)、堪らない内容でした。草壁庵の人たちもちゃんと活躍するってのも良かった。
心春、唯依、穂乃果のそれぞれが各自の個別ルートをやったあとだと特性を十分に出している当たりも凄いなって思いました。
最後のみりあとの再会はこの展開が分かっていても涙腺決壊でしたね。

あと美咲ほんと可愛かったビジュアル的に好みなのもあるし、颯人好きすぎて依存している感じや尽くしたがっている感じがすごく好き。

#まとめ
笑いあり、読み応えのある展開有り、キャラ可愛い、(たまに治安が超悪いことがあるけど)雰囲気も良いと大変満足できるゲームでした。
あっぷりけ作品初プレイですがこれは他のもやってみたいなと思わせる一作でしたね。

 

オトメドメイン 感想

絵が可愛かった+DMMで安かったのもありやってみました。
以下感想。

 

#共通パート
女装ネタが好きというわけではないので(嫌いでもない)どんなものかなあと思ったけど、
湊くんが普段はパーフェクトな女の子をしつつも、ムラムラしたり抜きたくなっちゃったりと男の子している部分もあり素直に好感が持てました。容姿は完全に女の子として描かれているので当然ながら可愛かったです。
個性的なヒロインに振り回されるおかんやくからツッコミ役まで演じる湊くんを楽しく見ることが出来ました。テキストも面白かったしつかみとしては上々だったと思います。

 

#柚子ルート
メシマズで好奇心旺盛なヒロイン。
早い段階で湊くんが男だって気がつくなんて凄い。でもやっぱり女性は視線には敏感なんだろうなって思いました。
「男だったなんてショック」とか「なかなか男だって打ち明けられずに悶々とした展開が続く」みたいなことがなくてストレスなく個別ルートに入れたかなと思います。
付き合うまでは湊くん完璧すぎて、これは柚子も釣り合ってないって思っても仕方がないレベルでほんとすごかった。
付き合ってからの最後の方の流れは風莉強いなって思ったり、隠し撮り写真の湊くん可愛すぎでしょと思いつつ、奔放だけど時に思い悩む柚子を楽しむことが出来たかなと思います。
Hシーンも結構良かったと思います。湊くんが下半身出さないと完全に百合シーンですねこれは。

 

#ひなたルート
湊くんが男だと打ち明ける前にHシーン1回目が終わったのでどうやって打ち明けるのかちょっとハラハラしましたが大きな波乱もなく終わって一安心でした。
個人的に厨二要素は特に好きではないのですが、ひなたは素に戻ると凄く常識的だったり、気遣いのできる子だったりするのはポイント高いなって思いました。
終盤の厨二要素と人付き合いの折り合いみたいなのは、急にお嬢様モードに戻ってしまったのでどうなるかなあと思ったけどなんとかうまくまとまってよかったね。見ているこっちがラストのアレは恥ずかしくなりましたが。
あとアフターHの前戯で顔射すると本番時に精液が顔に残っているの良かった。

#風莉
変態で残念なお嬢様だけど、他キャラのルートでも重要な役割を担ってくれたし、各種奇行も湊が好きだからってところがら発しているものが多いのですごく好感が持てました。
付き合うまでの湊に嫌われるのを凄く怖がっている様子とか、好かれようと頑張っている様子が凄く可愛かったです。
湊の発言に一喜一憂する姿も大変に良かったですね。
終盤の理事長解任騒動。これも良かったです。それまで風莉が理事長として学園を楽しくしようと頑張っていたことが学園生にちゃんと評価されていて、友達の署名運動や湊くんの放送をきっかけとし広がっていき、結果として風莉を救うっていう展開とても良かったです。
残念系のヒロインとか合わなそうで大丈夫かなあと思ったけど風莉は抜けているところはあるものの芯はしっかりしているのでとても好きになれました。オトドメで一番好きなヒロインですね。

Hシーンは付き合う前に(本番でないにしろ)Hがあるとか結構好きなので最初のフェラがどストライクでした。それ以外も風莉が可愛いので十分良かったです。

 

#まとめ
プレイする前はとにかく湊君が可愛いって言う感想ばかり目にしていたので「ヒロインの話をあまり聞かないけど、ヒロインは魅力的ではないのかな?」などと危惧していましたがそんなことはなくヒロインも十分魅力的でした。そして湊くんも良いキャラだったと思います。
それに加えてテキストも全体的に面白くて笑ってしまうようなところ多かったし、風莉ルートを筆頭にシナリオもまずまず面白かったし大変満足できました。

幻聖神姫セイクリッドFD 感想

6本のシナリオに分かれているので個別感想

・姿なき襲撃者
クズ市民様(学園生)とのプレイがメインなので個人的には大変良かった。

ミノタウロスの花嫁
延々と牛さんとプレイするルート。獣姦とか出産プレイとかそっちが好きな人向け。
個人的にはあまり楽しめなかった。クレールの絶叫は凄かったと思う。

・今日からワシが主人公!夢と野望の無双生活
後藤さんが欲望に忠実に動いていて面白かったです。オチは予想通りだけど後藤さんらしくてよかったと思います。
ノワールは変身後バックとかいいCGあったけどクレール側がなんかいまいち。あとラジエルもいいCGだったと思う。

・儚くも美しき悪の華
まさに悪落ちエンドと言った感じの内容。
雪さんかわいそうに・・・

・さらば月陰一心流
エロはないがアンドラスも雪も生き生きしていてテキスト読んでて楽しかったです。

・あるゲーティア幹部の憂鬱
文句無しで一番面白かったです。
エロ関係は絵もシチュ的も良いのが多くて満足度高い。
他ルートよりメタ発言が多いけどそれも含めて楽しめた。
シャックスとサラクエルコンビが面白くていい味出てたと思います。