エロゲの感想などを書いている雑記(基本ネタバレ

名前通りですがネタバレ有りでエロゲの感想を中心に書いていく予定です。なるべく作品の面白かったところを伝えていきたいなと思っています。手放しで何でも称賛というわけではありませんが

黄昏のシンセミア 感想

ルート別に感想

 

銀子
思ったよりも物語の舞台設定とかが明かされていたシナリオでした。
このルートをやってから他ルートの内容を読むと色々分かって(とはいえ分かりすぎない程度に)良さそうですね。
主人公とさくやが昔村で過ごしていた時の記憶があやふやになっている理由なんかも分かるしなるほどねって思うことが多かったです。

銀子さん初見はちょい不思議程度のキャラだと思っていたんですが、意外な正体でした。
容姿的にも美人系だったし結構好きです。酒好きなのも良い。
シナリオは最後みずちっていう山童が出てきてよろしく倒しちゃったんで大盛り上がりってほどではなかったです。

 

いろは
再会型幼馴染。
明るくさっぱりしたキャラクターでなかなかに好感が持てました。

シナリオ的に基本的な所は銀子ルートで説明されているので、
あまり盛り上がらないのではと思いましたがいろはの両親の話が深掘りされていたり、
条件が揃えば主人公にも山童が倒せる特殊能力があるのが判明したりと更に色々なことが分かっていく感じで面白かったです。
いろはの両親が山童になってもいろはの幸せを願っていたのにぐっと来たしそこが一番良かったなと思います。

 

翔子
銀子ルートで出ていたみずちと、青い石に対を成すような赤い石に関するお話。
全体的に主人公の行動が迂闊すぎるのが気になる。
不思議系に強いの実質銀子さんしかいないのはわかっているはずなのに、
銀子さんいない時に吊り橋の赤い石取りに行ったり、必要な情報を全然伝えてなかったりと色々スッキリしない。
あとロリキャラ過ぎて、翔子を攻略対象ヒロインとしてみるのは私には辛かった。

 

さくや
個別シナリオはシンセミアへの布石って感じなので消化不良な感じで終わった印象。
キャラとしては可愛いと思います。

 

シンセミア
フラグメントでちょっとずつ見せていた過去編と現在が一気に結びついて収束してましたね。
早いペースで話が進んでいくのですがそこが中だるみしなくてかえってよかったかなと思います。