エロゲの感想などを書いている雑記(基本ネタバレ

名前通りですがネタバレ有りでエロゲの感想を中心に書いていく予定です。なるべく作品の面白かったところを伝えていきたいなと思っています。手放しで何でも称賛というわけではありませんが

金色ラブリッチェ 感想

プレイした順に感想です。
理亜ルート(ゴールデンタイム)以外は辛辣気味なので見たくない人は以降見ないでお帰りください。

 

 

 

 


#共通パート
学園内での陰湿ないじめ描写が続くので全く面白くなかったです。
ダークな世界観が特徴という作品でもないのに、この陰湿な描写を見続けるのはとても辛かった。
ある程度経過すると、この雰囲気は緩和されますが序盤を乗り切るまでは本当に辛かったです。

 

#シルヴィア
主人公とちょっとギクシャクしてしまっているのを避けられているように感じてしまい、
それを気にしてなんとか関係を改善しようと頑張るシルヴィアは可愛いと思った。
といっても主人公が意識し過ぎでコミュニケーションが取れなくなってるだけなので微笑ましいギクシャクではあるのですが。

あと、理亜ルートじゃないけど全体的に理亜がナイスサポートすぎて素晴らしかったです。
その他、キス騒動の時の騎士団の警備全然ダメダメだなあとか、お茶会の準備お忍びなのに誰がやってるんだろうって思ったら
お茶会の準備は最後の方にまさかのキュロちゃんが全部やってましたっていうのは面白かった。

ストーリー的には後ろ向きだった主人公が前向きに考えが変わってきて成長が見られたのは良かったかな。
ただ、前の学園での過去の浄化的なものはシルヴィアが超ポジティブにあっという間になんとかしてしまったのであまり盛り上がった感じなかったです。
あれだけとうりょー君と会うの渋ってたのにあんなにあっさり和解して終わっちゃうんだって感じでした。

 

#玲奈
初Hまでの流れとか、そこから勢いで付き合い始めちゃう流れが凄く珍しかったです。
初Hのシチュ自体もオーソドックスな純愛系では記憶にないですね。
付き合う前にしちゃうのは花咲でも見たけどそういうレベルじゃなかった。
初H後もシナリオは愛情を深め合っていくってよりは友達の延長線上で付き合ってるみたいな珍しい感じがずっと続いていた印象。
あと終盤の野球のやり取りが私の中では盛り上がらなかったのでそんなにも総合的な盛り上がりはなかったです。
キャラ自体は普通に可愛かったですね。

 

#エロイナ
エルの可愛さがすっと入ってきたのでココまでで一番楽しめたと思います。
髪下ろしたエルとてもかわいい。
気になる点はエルは成長したなって思うけど、主人公の成長はあまり見られなかったところか。

 

#茜
素直で可愛いし良いんじゃないかなと。子犬系な感じで素晴らしい。

 

#理亜(ゴールデンタイム)
とても良く出来ていたと思います。
他の4ルートは玲奈ルートの流れの特殊性はあるもののそこまで面白いと思わなかったのですが、このルートだけは別格の出来。
理亜が単に十年前にあっていたというだけではすっきりしないくらいシルヴィアと主人公に好意的なのもこのルートをやればそれもスッキリ解消します。
それどころか理亜とシルヴィアの絆の深さが染み渡って来る感じで急に楽しめるようになりました。
命を削ってでもシルヴィアとの約束を守ろうとしたり、自分が死んだあとの主人公とシルヴィアのことも考えていた理亜も格好良かったし、
理亜に無理をさせているのは理解し、苦悩はあるのだろうけどそれを表には見せずに強くあろうとするシルヴィアも格好良かったし、
最後まで格好いい彼氏であろうとした主人公も格好良かったと思うし3人とも最高でした。
あと理亜はデレてから全力で甘えに来ていて、その可愛さも凄かったです。
その他、夕陽じゃなくて朝陽によるゴールデンタイムってのも実に良い流れだったと思います。

最終的に残された主人公とシルヴィアがどういう選択を行うのかイメージを膨らませつつも、シルヴィアルートの追加エピソードを見ると
とても胸が熱くなりますね。凄い読後感でした。

 

#全体的に
序盤が特に辛く、理亜ルート以外は突出している印象はないのですが、
最終的に理亜ルートがとても良く出来ているので満足感は高いです。

 

といっても理亜ルートまでは結構プレイがつらい時期もあるし、
主人公のがんばりや成長が物足りないと感じるときも多かったので、
手放しで賞賛というよりは、改善の余地は大いにあるゲームだなとも思っています。