エロゲの感想などを書いている雑記(基本ネタバレ

名前通りですがネタバレ有りでエロゲの感想を中心に書いていく予定です。なるべく作品の面白かったところを伝えていきたいなと思っています。手放しで何でも称賛というわけではありませんが

RIDDLE JOKER 感想

ルート別感想

あやせ

  • 個人的にはイチオシ
  • 天使モードなあやせも勿論可愛いし、主人公の前でだけ見せる素のあやせもどちらも可愛い。
  • 天使モードは性格盛っているとはいえ、アストラル使いのために頑張ってるその気持は嘘じゃないしそういうところも好き。
  • おっぱいは凄く小さく描かれているときもあれば、構図によっては結構あるようにも見える。あやせにはとてもコンプレックスなんだろうけど面白い設定だった。
  • お互いに遠慮しないで対等に気さくに話している感じもとても好き。
  • とは言え実際はHできなくて主人公に嫌われなないか不安になったり、デートに行きたいっていうのすら緊張しちゃうような可愛らしさもいい。
  • とはいえ、主人公のことを徐々に心から頼りしていってしまう様子なんかはとても大事にしたくなる感じで良いです。夜に一人で帰ってるときとかね。
  • あと主人公から好きって言われたりすると、惚れた弱みだなあと言いつつもとても嬉しそうな感じも大変可愛らしい。
  • シナリオも一番面白かった。一番いろいろ暴いている。終盤まで誰が黒幕かわからないし、黒幕が分かってからもどうなるかわからない展開でハラハラする感じがあって読み応えがある。
  • 最後に明かされるあやせの能力の秘密もまさかと思ったし意外性があった。 あと、主人公があやせのピンチに駆けつけて颯爽と救うのとか、二人で協力して敵を倒す展開も好き。
  • あやせだけやたらと本番で全裸Hが多かったり、せっかくの広報用の服はジャケット脱がせちゃうしなんかせっかくのコスチュームが第無しでホントもったいない。 まあ声はいいし、ジャケット脱がせてもシチュ的には十分良かったので実用的ではあるのですが・・・。
  • 本編ラストのHはなんとなくドラクリの美羽のエロシーンのシチュを思い出させる(いい意味で)

羽月

  • 見た目とてもかわいい
  • 均整の取れたプロポーションという感じでとても美しいしエッチ
  • 遥そらさんの声とてもいい。いつもながらあのHシーンでの逼迫した感じの声が好き。
  • 主人公しかいないって思いつめるくらいに本当に主人公が好きなんだけど、それでもその気持を押し付けるんじゃなくて、主人公の返事を待ち続ける強さと奥ゆかしさと優しさがとてもいいと思いました。
  • 恋文で告白するってのも羽月らしいよね。とても真っ直ぐな子+相手に尽くすタイプなのでそういうのが好きな人にはどストライクだと思います。
  • シナリオ的には羽月が怪我することもなくて一安心。事件を通じて主人公の裏の部分がバレてしまってすれ違いもあったけど、そこもひっくるめて一気に解決に持っていく流れは綺麗にまとめた感じありますね。
  • ただ、シナリオ尺は短いのでもっとイチャイチャしていたかった。
  • アフターストーリー2回目の方とても良い感じでした。お風呂エッチと濡れ透けは最高。

七海

  • くすはらゆいさんの声がとてもかわいい
  • 甘えたいときとかにお兄ちゃんって言うのかわいい
  • 試着したビキニ水着とか、初H前戯の背中とか、4回目Hの前戯とか凄いエロい。ロリ顔ムチムチボディ。本番HのCGより前戯のほうがイラスト的には良かったなって。
  • シナリオはそんなに盛り上がった感じないけど主人公も七海も大事なものが見つかってよかったね。

茉優

  • 寝巻き可愛い。
  • 歳上だけど実際は余裕のない感じも良い。
  • 序盤の潜入捜査周りは直接的に茉優を騙しながらの活動なのでハラハラ感があってスパイアクションぽさあり。
  • とはいえ、正直めちゃくちゃリスク高いし回避策も用意してないし、具体的な目標もないのに研究棟でなにか調べてこいって言って、しかも結構急かされてるわけでもないのに無茶な日程で突貫するのがよくわからない。
  • あやせルートとは違った暴走の解決の仕方で、主人公と茉優のHも含めたこれまでの積み重ねで解消したってなかなか面白いまとめ方。
  • あと卒業おめでとう。

千咲

  • 明るく素直で気が利く感じでとてもかわいい
  • 髪下ろしてる立ち絵可愛い。
  • HシーンのイベントCG構図的にとても良い感じだし、結構喘ぎ声余裕のない感じが出せていて良かったし、中々の満足度。

システム周り

  • 新機能ではダイレクトセーブ機能と、ボリューム調整のコマンドパレット、サスペンド機能(前回終了直後から起動時に再開できる機能)が便利。
  • その他も大変優秀なのは相変わらず。

シナリオ周り

  • 正直短い。え、もう終わりなのという感じであっと言う間に終わってしまった。
  • テキスト量が前作までより多いのか少ないのかはわからないけど、私の体感的にはちょうどよい尺とかではなくとても短く感じられた。
  • シナリオもあやせルートが盛り上がった(それでも短い)くらいで、ゆずソフトにしては全体的には物足りない。まあ悪いってほどではないのですが・・・。
    • 過去作の感想見てもらえれば分かると思いますが、私はゆずソフトのシナリオは一部例外はあれどもこれまでとても面白いと思っていた人ですが、それでも今回は全然物足りない。
  • 勿論これまで通りキャラの魅力は十分に掘り下げられている内容だと思うし(特にあやせ、羽月、千咲あたり)、会話のテンポもいいし、イラッとするような展開もないしそのあたりは良くできている。でもなんだかこの先のゆずソフト大丈夫か一気に心配になってしまった・・・。

その他

今回の販促キャンペーンについて

  • 新春予約キャンペーンやバレンタイン予約キャンペーンのような形式の販売テコ入れのキャンペーンのやり方はやめてほしい。
  • 各店舗でなくなり次第終了→早い段階で店舗で予約をした人が追加特典を確実に貰うには都度店舗に行かなくてはいけない、という手間や交通費を考えてほしい。皆通販で予約してねってことですかねって思えるキャンペーンだった。
  • やるにしても既に予約したユーザは店舗予約でも購入時に受け取れますという配慮くらいはあってもいいと思う。今まではゆずは複数店舗で買ってたけどこういうのやるなら次からはオフィシャル通販だけにしますわ。

とりとめのないこと

  • 今回のキスは真正面向いてて今までと違うなって思いました。
  • あと目の下部の光沢の部分の書き方も結構変えてきたなと言う印象。

まとめ

良く出来てるし楽しめたんだけど、なんだか美味だけど量が少ない料理を食べたような物足りなさのある作品でした。