読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エロゲの感想などを書いている雑記(基本ネタバレ

名前通りですがネタバレ有りでエロゲの感想を中心に書いていく予定です。なるべく作品の面白かったところを伝えていきたいなと思っています。

ハロー・レディ! 感想

ツイッターで紹介されて面白そうだったからやってみました。

結論としては大変楽しめました。以下、ルート別感想。

 

#空子ルート
エトワール女子5人の中では序盤から最も主人公に好意的に接してくるヒロイン。
単にそういう性格なのかなと思いましたが、主人公は浅からぬ因縁があってなかなかに重要な位置付のキャラでした。
もうちょっと軽い流れになるのかなとイメージしてましたが。

トーリー的には復讐と今の空子との幸せのどちらを選ぶかみたいな葛藤があるかと思いましたが、多少の申し訳無さは主人公も感じているものの復讐に迷わず舵を切っていて3/4程復讐を終えたところで普通の幸せを掴むということで終わってみればなるほどこういう結末かという感じでした。
でも、どういう終わり方をするか、そして空子がどういう選択をするのか中々読めない展開が面白かったです。

#珠緒ルート
一番目に見える形で壁と作っていたキャラですが、個別で告白されてからはかなり乙女っぽさも出てきたりするし、さらにエッチしてからデレデレな面が見れるのが可愛い。もともとの荒っぽい感じも魅力でしたけどね。
シナリオは珠緒の真っ直ぐさが凄く眩しかった。
最後の夜会での「俺みたいになってどうするんだよ!お前はもっとカッコつけて、真っ当なことしろよ!!」のフレーズが凄く響いた。

#エルルート
カンの鈍い私としては黒幕が朔なのに驚きました。
エルのハローも予想ついてなかったし、途中でエルと対峙する展開も読めていなかったので、
この先どうなるんだってドキドキしながら読み進められる緊張感のあるストーリーだったと思います。
あとラストシーンのエルの泣き声が凄く強烈で印象に残りました。
キャラとしてはエルは面白い言動や何を考えているのか読めないタイプで見ていて面白かったです。
ルートロックされているだけ合ってシナリオ的には空子や珠緒より良かったなと思います。

#朔ルート
素晴らしい内容だったと思います。せっかくなので細かく感想を書いていきます。

以降通常よりネタバレ注意です。
・個別入りから空子失踪まで
普通に恋愛ものしてた印象。
ハロー発動してないとはいえエルルートであれだけ圧倒的だった朔があっさりピンチになるあたりのギャップが面白かったり普通の人間味みたいなものが垣間見れて親近感頑張った湧いたと思います。

・空子戦から時乃戦まで
基本的に朔無双。
エルルートで見た降魔(オンスロート)版朔で凄さは充分分かっていたつもりでも改めて能力の説明聞くと凄すぎるなあと。
クリアしたあとだとこの時点での能力すら完成形ではないのが分かるわけですが・・・。
降魔化もこの時点で空子と一時的に朔にも発生するしまさにこれまでのルートの内容を踏まえた集大成になりそうな期待感がありました。主人公の復讐劇が綺麗に完成するのかも気になるところでした。

・時乃戦
スクールの真の目的や暗部などが明かされて行く展開。まあ大筋は他キャラのルートで分かっていたところでもあるので、朔がそれをどう受け止めて、主人公の復讐劇に対してどういう対応をとるのかにドキドキしながら読みました。
戦闘自体は割とあっさりでしたが緊迫感はあったと思います。
主人公のハローがここで初めて明かされたのもおおって思うところでしたね。
とは言え、朔とかの方がすごかったのでチート感は然程でも無かったですが・・・。

・黒船戦
これが最終戦でもおかしくないくらい熱い戦いでした。
最後まで初志を貫徹する主人公も格好良かったし、自分の信念をつらぬき通し続けた黒船も素晴らしい仇役でした。あんなに黒船が強かったのも意外だし、御門に仇をなすに至った経緯なども説明がなされていてとても魅力あるキャラに仕上がっていたと思います。

・瑠璃戦
まさかの生きていた妹はとんでもない強さでした。
ヒロイン4人と同時に戦ったらそれぞれチートだし(特に珠緒以外の3人はサシでも勝てないでしょって思っていたら)それを凌駕する強さで驚きでした。
ここは戦闘以外では降魔化のメカニズムなども明らかになり、エルルートでも見られた朔の降魔化により一層なるほどと思える設定が補強されたなと思いました。
それぞれのキャラに見どころがあったのですがだいたい以下のような感想です。
朔:全てを知った上でそれを克服してさらなる高みに上り詰めていく様はまさにノーブルの極みで本当に眩しいキャラでした。さすがこのルートのヒロインだけあって最後に大活躍でしたね。
珠緒:身体能力をハローで上げてもどうにもならないレベルの瑠璃相手でもよく食らいついていたなという印象。正直死なないかハラハラでしたけどね・・・。
空子:能力消えたと思ったけどまさかの再発動。途中でもう一人の空子が出てきてしびれました。
エル:朔の能力覚醒させるのに大活躍。よくやってたと思います。
主人公:ココでも格好良かったです。黒船の技で一矢報いた所は胸熱でした。
鍵石君:しょうもないモブキャラかと思ったらまさかの意地を見せてしびれました。
大義:そんなに目立ったわけじゃないけど最後まで裏切らないいい友人だったんだなあと。
瑠璃:声優さんの名演で声がすごく冷たい感じで凄みがありました。

・まとめ
最終ルートだけ合って本当に読み応えもあり熱いシナリオだったと思います。時乃戦辺りからは続きが気になって最後まで一気に読み切ってしまいました。クリア後の満足感凄かったです。