エロゲの感想などを書いている雑記(基本ネタバレ

名前通りですがネタバレ有りでエロゲの感想を中心に書いていく予定です。なるべく作品の面白かったところを伝えていきたいなと思っています。

アマツツミ感想(ネタバレあり)

前作(クロノクロック)面白かったし、体験版少しだけやったらこころ可愛かったので購入。早速感想。

 

#こころルート
中盤の山場であずきさん助かってよかった。
あとこころすごくピュアで良かった。見た目も可愛いし。
個別入ってからのストーリーは特に盛り上がったわけではないけど、家族としても恋人としても仲良しで上手いこと収まってよかったねという感じです。

#響子
鈴夏とのお別れまでの流れとても良かったですね。
主人公があずきさんを生かそうとしたように、響子は鈴夏を生かそうとする展開はよく考えられているなと思いました。
響子ルート入りしてから鈴夏とのお別れまでは長さはあまりないけど、こころルートでの分岐までの流れを活かした作りになっていて深みを感じました。
以後はまあ軽く霊感周りで色々あるもののそれまでに比べると軽い感じで全体がエピローグって感じですね。

#愛
愛ルートもやっぱり中盤の山場が良かった。
過去話を知ることでSっ気満点な愛が抱えているのものが見えて来たのでとてもかわいいキャラだなと思えるようになりました。
呪いが解けてからはデレデレな感じですが、素直になった愛もまた良いものです。

 

#ほたる
これまでのルートでもなんとなく記憶がリセットされているんだろうなとかは読めるんですがなかなか重たい展開。と言っても嫌な重さではない。


どちらかしか救えないほたるエンド1も、みんな救われるほたるエンド2も異なった良さがあって終わり方としてはどちらも悪くなかったかなと思います。

私は絶対に大団円じゃなくちゃ嫌って人ではないので通常エンドでも十分満足した感じあります。
オリジナルのほたるは周囲に悪意を振りまいていたけど、もともとは元気で前向きで人柄が良いって方でも、病や怪我によって負の面が強くなってしまうというのは三次元でもあることだし、あの若さで余命幾ばくもないって言われたらそちゃ精神も病むよねって思えてそこまでいらっとすることもなかったです。

 あと日傘持ったほたるはとてもかわいかった。


#CGやエロ
だいたいいつものpurpleって感じで個人的には通常CGはとても好き、しかしエロCGはなんだかよくわからないけど「うーん」ってなってました。でも響子は良かったと思います。
こころのプラネタリウムのやつみたいな変わった構図があるのは面白かったと思います。

#全体的に
一般的なエロゲーだと

 

f:id:mmr2000:20161023160055g:plain

 

 こんな感じで共通パートを経て各ヒロインのルートに分岐するんですが、アマツツミだと

f:id:mmr2000:20161023160113g:plain

 


こんな感じであるヒロインの前半パートから別のヒロインのルートに分岐していくのが面白い構成だなと思いました。
さらに別のヒロインのルートに分岐してからも内容も、それまでの流れをちゃんと活かした作りになっているのがとても良かった。

個々ルートの長さは長すぎず短すぎずちゃんと読み応えもあるのでよく考えられた構成だなあと思います。ひたすらイチャラブするエロゲーもいいですがたまには話の内容が興味深いエロゲやるのも良いなあと思える一作でした。