読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エロゲの感想などを書いている雑記(基本ネタバレ

名前通りですがネタバレ有りでエロゲの感想を中心に書いていく予定です。なるべく作品の面白かったところを伝えていきたいなと思っています。

銀色、遥か 感想(ネタバレ

星織ユメミライも面白かったので体験版も一切せずに迷わず購入。
早速ネタバレ感想に入ります。

 

キャラ別ルート感想(プレイした順)
べスリー
#シナリオ
・中学生編
異国の地に来て心を閉ざし気味なベスリーとちょっとずつ親密になっていく過程が楽しめて良かったと思います。
お互いに惹かれ合っているんだけどカナダに帰る話もありなかなか恋仲に至れない展開がもどかしくも切ないところですね。
終盤にベスリーに告白を断られた時は「この後どうなるんだろうか?もしくはこれ選択肢間違えてバッドエンドか?」と思いましたが、そうではなくそこからまだ頑張る主人公とても良かった。
交換留学生の話はここはご都合主義な感じで受かるのかなと思ったらそうでもなく厳しい現実になる辺りも予想外で、先が読めない終わり方でした。
あと見た目的にはベスリーすごく可愛いと思ったし、シャワー室のCGは中学生編なのに色気あるなって思いました。
この時点で発育大変良くて、むしろ学園編ベスリーを見た時に色々大きくなりすぎだろって思ったけど学園編ベスリーに慣れてくるとそれなりに幼さも感じる。
でも胸は中学編と学園編の中間くらいで十分だった気がするね。

・学園編
雪祭り雪像作りの過程を見れるのが楽しかったです。実際の雪祭りがどうなのかは知らないですが。
チェーンソーとか斧とか単語だけ聞くと物騒なものも出てきてなかなか面白い。
雪像作りも「問題は起こるけどなんとかうまく作り終わるんだろうなあ」と思っていたけど中学生編に続いて厳しい現実展開になり、そこからまた違った発想を生み出して大満足の雪祭り参加にしていく展開がとても良かったです。
主人公との中を深めるだけではなく、雪祭りという1つの目標のもとに仲間と頑張っていくこういう展開好きなので大変楽しめました。ベスリーにも大変よい思い出になってよかったなと。

・After(カナダ編)
ジェイクがお手本のような完璧なツンデレ。最初はえーって思ったけど、わかりやすくデレてくれるので面白かった。
カナダ留学中のコンペとかディプロマはわりとあっさりしてたかな。
でもカナダでの新しい友人たちとの交流してる様子やブライアン(ベスリー父)に挨拶しに行ったりしている様子を見ていると、主人公が異国の地で頑張ってるなという感じはバッチリ伝わってきてよかったと思います。
あと最後のエミルからベスリーへのお願いでぐっと来てしまった。エミルといいリリアンといいジェイクといい、良い仲間ばかりでよかった。

・After(日本編)
最後のまとめって感じで、夫婦生活や仕事もうまく行って順風満帆な感じが出ていて安心できる展開。でもビザの手続は大変なんだね。
主人公の仕事もべスリーの仕事も軌道に乗ってる様子が見れたしあれなら大丈夫だろうなって思える。
社会人になってからも日本とカナダ両方の繋がりがちゃんと維持できている様を見ると「ああ、いいなあ。こういうの」って思えるそんなお話でした。
涙腺弱いのでエンディングのムービーの似顔絵の演出でウルウルしました。ふたりとも子どもと一緒にお幸せに!

 

#イラスト、エロ
見た目やっぱり綺麗。エロシーンはちょっと胸大きすぎかなって個人的に思うところはあるけど、通常CGは美麗なのが多くて満足してます。
今クリア後にあらためてCG見直してるけど全部良いなって思えます。
エロ方面は一番最後のHが構図的にもシチュ的にも一番好きです。

 

#べスリーまとめ
偶然出会ってから長い年月をかけて結ばれ、幸せになっていく過程が実に丁寧に書かれていて大変楽しめました。
素晴らしい青春時代を全部見れたって感じですね。恋愛関係の話題だけではなく仲間との繋がりみたいなのも丁寧にかけているのがとても良い。

 

雛多
#シナリオ
・中学生編
ムードメーカーで色々なことに興味津々でキラキラしてる感じがしました。
べスリールートやってる時はアイディアは出すけど特に何かできるわけではないのかなと思っていましたが、アクセサリー作り/ヘアメイク/ネイルアートなど実際に出来ていて、多才さと勉強熱心さがよくわかって評価が一変しましたね。
気持ちをはっきり前に出してきて主人公をグイグイ引っ張ってくれる感じが実に心地よくて告白シーンも持ち味が出ていてすごく良かったと思います。

・学園編
ヒナがテンパってる時は敬語になるの可愛い。
基本的には中学生編の延長線上ですが、相変わらず夢に向かって真っ直ぐな雛多が眩しかったですね。
ヒナの影響を受けながら主人公も自分の夢を見つけていく過程が良い感じで書かれていたと思います。
あとコレも中学生編からそうでしたがハルが名犬過ぎてとても良い。

・After
プロポーズのシーンが良かった。
次々と夢を叶えていく主人公とヒナのキラキラした様を見ているのはやはり心地いい。
あと所々でワンルーム学級のみんなが手伝ってくれたりする要素が出てくるととても嬉しくなる。
ワリとトントン拍子に夢が叶って行った印象もあるけど、実際描写されてないところでは沢山苦労してるんだろうなあ。

 

#イラスト、エロ
9枚目の手コキと12枚目のフェラ良かった。
Afterで登場するCGはエロも通常もどれもヒナがとても綺麗でよかったと思います。あと主人公すごくイケメン。
ウエディングドレスのCGは特にヒナの表情が輝いていて最高でした。

 

#雛多まとめ
夢というテーマを中学編から一貫して見せてくれてとても満足できました。あとハル(ワンコ)と兎とか動物が可愛いのも魅力!
エンディングのムービーでちゃんとハルの足跡もあったり、子供の足跡も増えたりするあたりも良かった。

 


#シナリオ
・中学生編
奥手で似たもの同士のところがある二人が付き合うまでが甘酸っぱい感じで描かれていてよかったです。
今のところ一番普通っぽいカップルって感じがしますがその普通さがまた良い。
椛視点であれこれ思い悩んだりしている様子が大変可愛らしい。

・学園編
椛の甘え方が可愛いですね。
榊さん見た目良すぎてヘタしたらメインヒロイン食いそうなくらい。
椛はベスリーや雛多と違って普通くらいの胸のサイズなのでこれくらいでちょうどいいなと思いました。
劇をみんなで作り上げていく様子は良かったけど、部分的にしかシーン見れないのが残念。通しで見たかったところです。

・After
学園編でも自分のやりたいことがはっきり見いだせず悩んでいた挙句、序盤すっかり社畜してた雪兎さんもようやく自分のやりたいことを見いだせたみたいで一安心。
劇団での活動は朱音も加わって学園時代の続きみたいな感じで和気あいあいとしててよかったと思います。
結婚式のくだりで友人へのお礼をいうところとか大変良かったんだけど、あれって関係者ではない普通のお客さんは展開についていけない気がしてならない・・・。

 

#イラスト、エロ
学園編のところでもかいたけど胸が程よいサイズなのが良いと思います。
イラストは全般的にハイレベルでどれも大体良かったと思います。椛&雪兎&朱音の三人で写ってる卒業式のCGとか特に良かったと思います。
エロ方面はコスプレH2種が良かったと思います。

 

#椛まとめ
雛多に続けて椛ルートも夢を一緒に叶えていくような展開だけど、また別物の楽しさがあって、これはこれで楽しめました。
劇団ってどれくらい収入が安定するのかなあとかエロゲなのにいらん心配してしまう自分がいますが、自分のやりたいことを見つけてそれを仕事にするって良いなあと思いましたね。


雪月
#シナリオ
・中学生編
「おにーちゃん」と呼ぶだけで難儀してしまうあたり非常に可愛い。
妹キャラは苦手な部類なのですが、雪月は甘え上手かつアホの子じゃないのでこれは良い妹って思えました。「じゃーあ」とか「ホントに(×N回)」とか大変な可愛さ。
スイーツショップ3件も回ったら出費すごそうだけどエロゲ界の皆様は中学生でもお金持ち。
すごく控えめな性格のキャラなのですが、主人公の進学先を決めるところではすごく勇気のある行動をしていて芯の強さも持ち合わせているあたりとても良い。
妹キャラルートにありがちな「妹を好きになるなんて」的な葛藤をふっ飛ばしてくれる感じで気分良かったです。

・学園編
お菓子作りの大変さを学べる貴重なシナリオ。
急に予算とかのリアルな話が出てきてへーっと思った次第。
とまあ、そんな話は置いておいて料理部の活動を通じて成長していく雪月がとても良かったですね。食べる相手のことを考えてのメニュー作り素晴らしいです。
2回目の文化祭は商売としてのことも考え出しているのでより真剣な感じが出ていて尚更良かったと思います。文化祭に瑞ねぇ来たときすごく嬉しい気持ちでいっぱいでした。

・After
バイク二人乗りしてるイベントCGが可愛いとか、コンペ優勝おめでとうとか色々あるけど、何と言っても雛多が来てくれたところが最高でした。ここまでの時点で作中で一番感動したやり取りですわ。
このシーンのあとはもう雛多が出てくるだけでうるうるしました。
その後は雛多だけではなくべスリーも椛も瑞羽もそれぞれが自分にできる形で雪兎と雪月を支援してくれているのがなんとも嬉しくなる話でした。

 

#イラスト、エロ
だいたいどれもイラストは可愛いけどバイク二人乗りCGがいちばん好きです。
雪月はヒロインの中だとロリ枠なんだけど、エロCGは見てると胸もまあまああるし、目元とか口元がなんとなく艶があるし見た目的にも大変魅力的に思えました。
エロCGも良い構図のものが多くて良かったのではないでしょうか。

 

#雪月まとめ
雪月とひなたのコンビ最高でした。良いものを見せてもらった、そんな気分です。

 

瑞羽
#シナリオ
・中学生編
銀はるは中学→学園→Afterと長い時の流れを追っていく作品ですが、
瑞羽は幼稚園や小学校の頃の回想までありそれどころじゃない長い時間の流れを楽しめます。
しかも幼い頃の瑞羽との思い出話は二人の絆の強さを感じさせるものや、なぜ瑞羽がフィギュアスケートを始めたのかと言った重要な要素が多く、話に深みが加わるので大変良いと思いました。
幼馴染が持つ強み要素が十分に発揮されていると思いますね。主人公の内面にも深く切り込めていてそういうところも良かったと思います。
フィギュアでの結果が他のヒロインのルートより(多分)良くなったり、主人公が前向きになっていく様子がみれるのもまた良しでした。

恋愛描写も秀逸で雪兎視点と瑞羽視点をうまく切り替えながら、両思いで良い雰囲気ではあるものの正式に付き合うまで色々思い悩みつつ思いを募らせていく様がとても良く描けていたと思います。
雪兎との会話やLIMEでの文章のやり取りで一喜一憂する瑞羽が大変可愛い。トウキビやじゃがバターの食べさせ合いは身悶えるしかなかった。

風音さんの声もおどおどした感じや幼い感じを上手く出せていて大変良いです。
あと麗さんの気さくな感じもいいし、ライバルのアリサもいい味を出している。

・学園編
瑞羽の弱いところ、強いところ、可愛いところ、子供っぽいところ、お姉さんっぽいところ等などいろいろな側面を存分に見ることが出来ました。
シナリオとしては最初大きな怪我から始まり不安にさせる展開から、主人公の支援を受けながらリハビリを頑張って立ち直っていく様子が見事に書かれていたと思います。
下手にトントン拍子で話が進むよりもより読み応えがるように思えました。
瑞羽を支える主人公はもう恋人を通り越してすでに夫婦の貫禄すら感じました。
仲間たちもすごく協力してくれるし、時にはいい感じの冷やかしもしてくれるのでそこも当然ながら良かったです。
学園編ではスケート関係ではアイスショーが一つの区切りになるのですが、二人の夢はオリンピックにあるので学園編はまだまだ通過点ってところですね。

・After
ようやくオリンピックにも参加してアフターとは言えシナリオ的にはここからが本番という感じですね。
冒頭にアリサの演技で打ちのめされ「ここから本当に勝てるのか?」と思わせる状況からスタートし、主人公や仲間の支援を受けながら最後にはみんなで夢を叶える展開がとても読み応えありました。
できればアリサもあの後現役続けてたら良いなあとか色々考えちゃいますね。オリンピック直後の様子ももう少し見たかった。
「主人公のためのメダル」→「二人のためのメダル」→「みんなのためのメダル」とメダルを見せたい相手がどんどん広がっていくのも良かったです。

恋愛系の描写は学園編の段階で夫婦感があったので、アフターは落ち着いて可愛いところを見ることが出来ました。
婚約指輪渡すシーンは展開がわかっていても瑞羽がきれいだしいいシーンだなと思いました。
たまにSになるところとかは風音さんの良さを引き出せている感じでとても良いです。

 

#イラスト、エロ
非エロ系は良いの多かったです。
一緒に音楽聴いてるCG、水族館デートCG、トウキビあーんしてるCG、トライカップの時のCG、ベッドで横になっているCG、振り袖CG、一緒にスケートしてるCG、指輪渡してるCG、エンディング直前のCG、エピローグのCGどれも大変素晴らしい。
その反面、エロ系は正直巨乳すぎかなあという印象が。でもサンタコスのとラブホでのCGは良かったと思います。

 

#瑞羽まとめ
他のヒロイン以上に長い時間を過ごしてきた幼馴染の良さがよく出ていて、序盤は可愛さ、途中からは夫婦のような落ち着いた仲の良さを十分に堪能できて良かったです。
シナリオもフィギュアスケートで金メダルを目指すという明確なゴールに向けて苦労しながらも到達する読み応えのある内容になっていて大変楽しめました。

 

その他思ったこと
・中学生編導入効果
星織ユメミライは学園編→アフターの流れだけでしたが、今作はその前段として中学生編を加えたのが大きな特徴。
実際プレイしてみると主人公とヒロインの青春時代を丸々体験しているようでツボにはまったヒロインについてはこれをやってもらえると効果はかなり高いなと思いました。
ただ、
・中学生編の間はエロシーンが絶対に入れられないので、エロシーンまで結構待たされる。
・中学生→学園生→社会人(または大学生)と見た目の変化を入れていくのが大変そう。胸に変化つけようとすると巨乳が増えそう。
・サブキャラの見た目は今作全く変化しないので結構な違和感。とは言え、全キャラ差分用意するのはすごく大変そう。
と言った課題もあり、続けるならこのあたりをなんとか改善してもらえたら良いなあと思いますね(1つ目は無理だと思いますが)。

 

・長い?
最近のビジュアルノベルの中では長い方だと思いますが、楽しかったので個人的にはそんなに辛く感じることはなかったです。
わざわざ公式ページにプレイ時間の目安までかいてあるので、長いのが辛いという方はまずそちらを確認してからプレイするか判断されると良いと思います。

 

・世界観とか
全体的に「優しい世界」になっているなという印象です。でも悪意に満ち満ちたキャラが出てくるのはデビュー作でお腹いっぱいなのでこれで良いと思います。
あと一部除いて割りとトントン拍子に夢がかなっていっている印象を受けました。実際見えないところで主人公もヒロインも苦労しているんでしょうけどね。
最終的にハッピーエンドなのは歓迎ですが、そこにたどり着くまでにもうちょっと苦労してる描写があってもいいかなと思いました。
瑞羽は十分苦労してる感じ伝わってきたし、べスリー編雪祭りや雪月のスランプ脱出の展開は申し分なく良かったですが。


まとめ
期待通り面白かったです。ユメミライとはまた違った楽しさがあって今作についても大変満足です。