エロゲの感想などを書いている雑記(基本ネタバレ

名前通りですがネタバレ有りでエロゲの感想を中心に書いていく予定です。なるべく作品の面白かったところを伝えていきたいなと思っています。

スキとスキとでサンカク恋愛 感想

志衣菜先輩目当てで購入。

攻略した順に感想書いたあと+アルファ書きます。

 

七瑠
・会話のテンポは良かった。
・普通ならシリアスになるようなシーンでもネタを挟んでくるので、そこはどうかなって思いました。アレがいいだって言う人もいるんでしょうけどね。
・個別の尺短い、あとHシーンとても短い。

すず
・大体七瑠と同じ感想。

真帆
・容姿は作中で一番いいと思う。

・でも性格というか設定はものすごく過去を引きずっているのでだいぶ面倒くさい・・・(苦笑
・サポート役に回った志衣菜先輩は勇気あって凄いなって思いました。
・水着Hなのに全裸にしてどうする・・・

カーラ
・個別入り導入が意図的に雑すぎて笑いました
・宗介左文字と明治維新しちゃう面白かったです

・導入がカーラ以上に雑で笑いました。恋愛的伏線皆無でルート入り。

・BL講座に笑う
・2回目H前の部室での会話は良いこと言ってるなって思いました。こういう考えは良いなって思うので見習いたい。まあ実践しきれていないですけどね。

志衣菜

・購入理由なヒロインだけあって一番良かった。
・コミュニケーション取るのが苦手なのに、無理にテンション上げてなんとかやっていこうとするけど時々素に戻ってシドロモドロなところとか凄く可愛らしいし同時に行動力あるなって思えてとても好ましいキャラでした。
・↑と似たようなパターンだけど恋愛関係で積極的にアタックするけど、主人公から来られると真っ赤になってアセアセしているの非常に可愛い。
・真帆ルートとは逆に今度は真帆が志衣菜先輩をサポートする展開は良かったと思う。

・こちらも水着Hは本番時全脱ぎ(脚に水着がかかってるだけ)で、なんとも勿体無い・・・。

 

システム周り
セーブの仕方が他のゲームと違うので凄くやりにくかったです。別に他のゲームと必ず同じにしろとは言わないんですが、違うなら違うで使いやすいUIにしてもらいたいところ。
ぱっと見でブックマークとお気に入りがどう違うのかもわからんし、通常のセーブ/ロードに近い位置づけのブックマークの画面上部にある新規作成(実質セーブ)とノーマル(実質ロード)って言われてもピンとこないから直感的に操作できない。
正直これなら10年前のエロゲのシステムのほうがマシに思える。

 

全体的に
・メタ発言をふんだんに含めたギャグやオタクあるあるネタが多いのでそういうのが好きな人には良いと思います。テキストを読んでいてそういう要素はとても楽しめました。
・そのぶん良いシナリオとか、純愛系でキャラ萌えしたいんじゃーって人にはコメディ色強すぎて合わないかもって思いました。まあそれでも志衣菜先輩は可愛かった。
・主人公はいかにもオタクって感じであまり好きなタイプのエロゲ主人公ではなかったです。
・個別ルート中では三角関係の相手側がいい感じでサポートに入っていてギスギスしないのは良いなあって思いました。

 

 

よめがみ感想

クリアしたから感想。

リコ
プレイ前はあんまり興味のないキャラでしたがシナリオ内容は結構面白かったです。
魔神化した事情が分かりやすく書かれていて初手からネタバレ度の高い内容でした。


美命
押しが強い美命可愛かったです。
声もいちゃついてる時は可愛いし、シリアスシーンはちゃんと迫力あるしさすがって感じです。
シナリオは単なるイチャラブでは終わらせないあたり、それなりに凝ってるなって思いました。
平行世界みたいな設定は色々考え出すと矛盾ありそうだけど、納得度は結構あったと思います。

アイリス
ママand妹という変わった属性のヒロイン。
アイリスの積年の想いを感じられるシナリオでなかなかの読み応え。
見られている描写は結構あったので神界にバレる展開は予想できる流れでしたが、魔神部分のアイリスによって記憶を取り戻す流れはそうきたかって感じで良い。
あと、あっさり至高神に認められてハッピーエンドじゃなくて、二人で苦難の道をあえて選んで進んでいく展開はちょっと物悲しくて良かったと思います。
アイリスだけではなく脇に回ったリコも美命や真里もいい味出していて別れの物悲しさがより一層出てたと思います。
個人的にはリコが主人公たちを思って色々感情を出してくれていて特に良いなっておもいました。
といいつつエピローグではスッキリ幸せそうにしてたし、二人の選択は結果としてほぼ最良だったんだろうなって思いますけどね。

真理
キャラ的には凄く可愛かった。声も素晴らしいしね。色々委員長におまかせされたい。
でもパイズリシーンでフィニッシュがなかったのが残念でならない。
話的にはまあきれいに終わっててよかったかなと思います。

まとめ
全体的には話はちゃんとしてたし、キャラも可愛かったのでまずまず楽しめたと思います。凄く楽しめたってほどでもないのですが。

広告を非表示にする

鯨神のティアスティラ 感想

うそめうに続いて渦巻コンプを目指してプレイしました。(2017年1月現在だとこれをクリアしたことでコンプ状態です)


ということでルート別感想とまとめ感想書いていきます。

ルート別感想
#真莉音
共通~個別中盤まで
苦手と感じるタイプの妹キャラ要素がふんだんに盛り込まれているのでキャラや付き合うまでの展開など色々と個人的には合わなかったです。

終盤
作中では色々わだかまりが解消されている状態なのでコメディ要素を純粋に楽しめたかなと思います。
妹キャラとのイチャラブを堪能したい人にとっては相当いい感じになっていると思います。
あとエロシーンのラッシュがすごかったし、CGは可愛かった。
一番最後の方はちゃんと山場を作ってちょいいい話にしているあたりは定番ながら良いねって思いました。

 

#恵那
共通~個別中盤まで
なんでも出来る気が効くパーフェクトなお姉さんキャラって感じだったけど付き合うまでのやり取りでは結構感情的に行動してしまう所なんかもあり完璧ではない一面が見れたのがかえってよかったかなと思いました。
2回告白する悠真君の勇気凄いし、真莉音のサポートも最高でした。真莉音ルートでは逆に恵那が真莉音をサポートしているんだけどそれ以上にこのルートでの真莉音は良い活躍をしていたと思います。

 

付き合いだしてから~ラストまで
幼馴染同士のとても落ち着く雰囲気と、付き合い始めの初々しさがうまく混ざっていて大変良い感じの甘い雰囲気を堪能できました。
お姉さんキャラの大人っぽい感じもありつつ、甘える時は甘えてくる可愛らしさを持ち合わせており実に好みの姉キャラだったなあと思います。
ただシナリオ最終盤に山に調査しに行く所は「え、これで終わりなの?」って感じで流石に拍子抜けかな。展開的なピークは付き合うまでだったと思います。

 

#リル(トゥルー込み)
個別だと問題が解決してないのでなんともスッキリしない終わり方。
トゥルーだと色々スッキリするし、他のヒロインもちゃんと見せ場が用意されているんだけど源泉を清めないとっていう話だとすると恵那姉のルートとか湊月のルートはあれでどうやって力を取り戻しているのかとかちょっと気になっちゃいますね。
内容としてはまずまずの読み応えだったと思いますが。

 

#湊月
本作イチオシヒロイン。
まず容姿がとてもいい、あのスタイルの良さは制服や私服の立ち絵でも十分にエロスを感じます。水着になるともう本当にエロい。
性格は生真面目な優等生タイプなんだけど主人公を前にすると可愛らしい面を見せてくれることも多く実に好みのタイプです。
付き合うまでのシナリオではこういう子が恋愛に目覚めていく過程を甘酸っぱい感じたっぷりで書いてくれるのでプレイしていて頻繁に身悶えましたね。
個別入り直前の水着が着るのを恥ずかしがっているやり取りとか、個別入ってからすれ違いから和解する所とか、付き合う直前の二人での修繕作業や告白シーンとか「あぁ、ほんとかわいいなって思えるシーンが満載でした」

付き合いだしてからは角が取れた感じでどんどん素の湊月に戻っていくのがとても可愛かったし、湊月の成長が見て取れるところも良かったなあと思います。
Hにも積極的になってくれたり、尽くすような感じのデレや悠真が好きで好きで仕方がない様を見せてくれるのはとても可愛かった。
Hシーンも申し分ない出来で湊月のスタイルの良さが十分に生かされていたと思う。おっぱいを使ったプレイが豊富なのも良いね。

G.I.B. ガールズ・イン・ブラック 感想

うそめうに続いて渦巻コンプを目指してプレイ。
ということでルート別感想とまとめ感想書いていきます。

 

ルート別感想
#宙美
第一印象ですが、いつも宇宙とかUFOとか宇宙人とか言っている電波系ヒロイン+おバカキャラと来ていて、さらにロリキャラが好きではないので私には全く合わなかったです。
そんな印象を持ったまま「なんかでこんな宇宙人狂になっちゃっただろうねえ」と思いならが読み進めていくと、
中盤の主人公からのプレゼントの話や、終盤の出生の秘密などもあり多少はこういった性格になった背景がわかった気がします(といってもちょっとこれだけでは説明がつかないレベルに思えますが)。
終盤のシリアスパートはこういう要素がなかったのでそこそこ楽んで読めたと思います。
あと終わってみると慣れたのか理解が深まったのかはわかりませんが最初ほど強い苦手意識はなくなってましたね。


エリーゼ
間違えた地球(というか日本)の知識を大量に仕入れていて、変な発言をすることが多く、ゆるーい感じのキャラですがアホの子ってわけでもなく、スタイルもいいのでまずまずの印象でした(ツボってほどでもないですが)。
中盤はダニエルさんの試練に立ち向かいながらもイチャイチャし、終盤は黒幕の人形さんの野望を主人公とエリーで協力して打ち破るちょっとドキドキするけど爽快感のある流れで楽しめたと思います。
エロシーンもトイレのやつとカラオケBOXでのやつ良かったしエロ方面もなかなかでした。

#有佳乃
ドジっ子だけど、それ以外はそこそこしっかりしているしエリーゼ同様まずまずの印象でした。
中盤までのイチャイチャ分もちゃんとしてたし、エロシーンも良いのあったし(寝フェラ素晴らしい)、終盤はなんかあっという間に終わったけど一応有佳乃のトラウマ的なものも払拭できたみたいだしまずまずの終わり方だったように思います。

澪の乱は一見すると唐突に見えるかもしれないけどずっとMIBのメンバーやってた彼女からすると現代の移民問題のように危機感を覚えていたんだろうねって思うと分かるところもありますね。


エロ方面
寝フェラ/放尿/海の中で/初Hなのにアナルなどなど全体的にマニアックなものがこれまでの作品に比べると圧倒的に多かった印象(嫌いじゃない)。
エロシーン以外では結構まともな言動が多いお疲れ気味主人公なのにエロになると豹変する感じで面白かったですね。

 

主人公について
さっきも書いたとおりエロシーン以外では結構まともだったので印象は良いです。
あとどのルートでも問題の解決のために自身が中心となって積極的に動こうとする姿勢は好印象でした。

 

まとめ
昔やった時は全然面白さを感じられなくて未コンプで投げ出した(おそらく大体は宙美が合わなすぎたのが原因)のですが、
今やってみるとおもったより面白くてサクサク進みました。
感動とかはないんだけど有佳乃、エリーゼ、澪あたりは終わってみるとなかなか好印象だし、シナリオも一応山場が用意されていて主人公とヒロインが中心となって解決する普通の流れになっているし悪くない印象です。こう思えるのも沢山渦巻作品やってきた成果なのか昔と心境が変わったのかなんなのかはわかりませんけどね。

まじかりっく⇔スカイハイ ~空飛ぶホウキに想いをのせて~ 感想

うそめうに続いて渦巻コンプを目指してプレイ。
ということでルート別感想とまとめ感想書いていきます。

 

#マリー

見た目が本作でトップクラスに気に入ったし、セーラ@マギウスの御一門との話で興味を惹かれたので最初にプレイ。
シナリオはサブなので短い(MS現象はよくわからないけどあっという間に片付いていた)けどHシーンエロかったし、結構可愛いところも見られたのでそこそこに満足でした。
Hシーンは構図も良かったと思うし、魔法服もエロいし、中と外の両方に出してくれるし、卑語も結構言ってくれるし秀逸だったと思います。あとエピローグのCGがパンツ見えそうで見えない感じがエロさが出ていて大変良かったです。

 

サライ
容姿的にマリーほどのエロさが感じられなかったけどまあ可愛さはあったかな。

 

#エミリア
主人公がエロシーンになるとスイッチ入って全力でベッドヤクザなのが面白かったですね。
前戯で顔にかかった精液を残したままの本番CGというやっておいてほしいが意外とやってくれない一手間をやってくれているのは良かったと思います(これはエミリアルートに限りませんが)。
シナリオ的には気がついたらサライラ育成シナリオというだいぶ以外な展開。

しかしMS現象を収束させなくちゃだからある程度サライラ要素が強くなるのは不可避なのかな。

 

#シャルルル
最初はわがまま放題なのかと思っていたじゅじゅが口は悪いがシャル思いの良いヤツでやり取りが楽しかったです。
じゅじゅも交えたシャルとの関係が結構心地よくて楽しく途中からは集中してテキスト読めたと思います。やっぱり世界樹は凄いね。

 

#ファナ
魔法使いとしては落ちこぼれ扱いの主人公とファナの魔法で事態を収束させていく最後の流れは良かったなと思います。想定通りではありますけどね。定番の良さ。
とはいえ、尻に火がつくまでのMS現象への主人公たちの取り組み方と言うか姿勢はやっぱりモヤッとする(後述します)んですけどね。

 

#ゆりか
他ルートに比べて圧倒的にシナリオが良く出来ているなと思いました。
なぜ主人公の魔法がへっぽこなのかという理由がスッキリ説明されているし、主人公とゆりかの過去話や大会に向けての特訓を通して二人の思いや絆の強さがすごくよく伝わってきてこれは良いなあと思いました。


MS現象への取り組みも大会に向けて頑張っているのがわかるので他ルートと違ってモヤッとする感じもありませんでした。
あと今まで落ちこぼれ扱いだった主人公がちゃんと魔法が使えるようになってスカッとするところもあったし、魔力がすごく強くなってある意味これまでのゆりかとの関係が魔法に関していうと逆転したんだけど、そんなことは関係なく愛し続けるってのもいいよねって思いました。ということでシナリオは申し分なかったのです。

 

キャラについてですがゆりか本当に可愛かったです。
幼馴染キャラは他のキャラを攻略するのが申し訳なく思えるほど積み重ねた関係や想いがちゃんと伝わってくるキャラならとてつもなく好きになれるのですが、ゆりかはまさにこれに該当したと思います。
主人公をずっと支え続けている姿もいいし、頑張って主人公と触れ合おうとする様子とか、程よく主人公に依存している感じもとても可愛かったです。谷間はセーフのところとか、空に向かって告白宣言とか実に良かった。イベントCGも秀逸だしね。

 

声も北見六花さんの声もとても合っていてこれは最高だなあと思えましたね。

 

H関係もエロ知識が薄いところからスタートしてどんどんHなことを覚えてエロエロになっていくのがとても良くてこちらも申し分なかったと思います。

ということで褒めてばかりですがゆりかに関しては最高だったと思います。

 

#全体的に
シナリオのMS現象に対する主人公たちの取り組み方がどうにもしっくりこないのが残念(ゆりかルートは別)。

大抵のシナリオでそうなんだけどファナルートを例に取ると

 

サライラがMS現象の原因だと主人公とファナとサライラと和馬先生だけが知っていて、これが他の人にも知られたら封印されかねないと認識できている
・先生がMS現象関係で周りから厳しい目で見られていると警告してくれている

 

という状況下でデート(偽装してるけどすぐバレてる)をしておいて、
所有権を剥奪されると「そんな」とか「どうしたら」とか言っててなんか危機感が足りないように見えてしまいました。

こんな感じになるならMS現象は主人公たちにとっては重要で解消しなくてはならないけど世界中から圧力をかけられるような問題ではない、くらいの扱いのほうが良かったかもと思えますね(まあそれで終盤が盛り上がるのかは怪しいところですが)。

 

とまあこの部分をゆりかルートやる前に書いていたんですが、なんかもうゆりかルートやると色々許せちゃうんで十分に楽しめましたという一言で締めくくろうと思います。

 

うそつき王子と悩めるお姫さま –Princess syndrome– 感想

ジャスナスに続いて渦巻コンプを目指してプレイ。
ということでルート別感想とまとめ感想書いていきます。

#みかん
共通パートをプレイした限りでは4ヒロインの中では一番普通で家庭的に見えるヒロイン。普通に純愛してて可愛かったです。
シナリオは終盤に再び訪れる過去と似たような選択のシーン、そして祖父からのメッセージとみかんのなかのお姫様が昇華されていく様子がしっかり描かれていてよかったと思います。

#星子
シナリオとしては妹キャラ定番の兄妹で恋人になるなんて的な展開と星子のお姫様を組み合わせた定番といえば定番な展開。
とはいえ、サブキャラの柚と一時的にとはいえ付き合うところまで行くとはちょっと予想外でした。
柚とそのまま付き合う別ルートあってもいいのよとちょっと思いました。
キャラクターとしては残念な性格だったりヒロインとは思えない凄い表情をすることがあり個性的で面白いキャラだったと思います。最後の方は、母親絡みの話もあるけどおもったよりあっさり問題解消するしあまり盛り上がらなかった印象があります。特訓中に他ヒロインの裸立ち絵連発なのは斬新で面白かったと思います。

#リイナ
クールキャラから一転して全力でデレ始めるのが可愛かったですね。
話としては今のところうそめるで一番盛り上がったように思えます。メルヘンの効力すごすぎた。

#泉
泉自身はかなり可愛いんだけど付き合うまでの主人公の鈍さは相当に残念。
泉からのアピールも結構あったと思うのに、先に泉の気持ちを聞きたがっちゃうあたりも残念。
ビジュアル的に一番好みだったし、料理ができないところからスタートして頑張って料理を覚えちゃうところとか良かったし終わってみると一番良いヒロインだったなと思います。あと、メルヘン状態での髪コキがあったのも良い。

#まとめ
直前にプレイしていたジャスナスほどの勢いは感じなかったけど、こちらは「これはちょっと合わないなあ」みたいなルートもないし終始安定して楽しめた感じがします。
絵も最初はなんとなく他の渦巻作品より癖があるように思えたんですがなんか慣れてきてこれはこれで良いなと思えました。

Justy×Nasty ~魔王はじめました~ 感想(ネタバレあり)

渦巻作品コンプを目指してプレイ。
ということで早速プレイ順に感想

#大槻果林
共通パートでは結婚or死の二択を迫ってくるのでちょっと怖いと言うか狂気を感じるキャラ。
でも個別入るとTHE大和撫子+強いって感じに仕上がっていて良キャラだったと思います。
「家訓だから結婚して」が始まりだったけど、最終的には二人の気持ちが向き合った状態でちゃんと付き合えてよかったねって思います。
最終章もそこそこに盛り上がるバトル物になっていて最後まで楽しめました。

 

#神威みかる
いちゃついてるときは可愛いけど、話の方は合わなかったです。
みんなに傷ついてほしくないから争い(ジャスナス)しないで欲しいって言いながら、最終的には泣いて能力を発動させてジャスナスどころではない状況にして中止にさせるっていう流れがどうにもスッキリしない。
能力で何が起こるかわからないから大勢の人が怪我するかもしれないって本人も理解しているだろうに、争いさえなくなればいいって本末転倒じゃないのって思えちゃいましたね。なんか歪んだ平和主事者を見ているような気分でした。
最後の方で霧江や真奈が言っていることのほうがよっぽどしっくりと来ましたね。

 

#加賀美響
ロリ体型だけど、色気のある表情も多く良かった。告白シーンのCG当たりすごく可愛かったと思います。
言霊を気にしての無口キャラだけに本音の言葉が出てくると染みる感じがしますね。
ストーリーとしては最終章はジャスナスを開催したいという人が多数いる中で、言霊で言霊で言うこと聞かせて自分たちの主張だけ通そうってそれ話し合いじゃないよねって思ったけど、あっという間にクライマックスシーンが終わったのでみかるルートほどはもやもやしなかったです。

 

#黒木霧江
4キャラ目攻略にしてようやくジャスナスを普通にやってくれましたが楽しかったですね。
共通パートや他のキャラのルートでは真奈と貧乳ネタで笑わせてくれる面白いキャラですが個別に入るとちゃんと女の子らしさがあって可愛かったです。
他キャラルートでも感じたことですが、言っていることに一番納得感があって霧江なりの悪の考え方もなるほどと思えるのでとても共感できたキャラですね。
あと、ラストのCGはとても可愛かったです。

 

#小野瀬真奈
まず見た目が最高に可愛い。スタイルも申し分ない。あと声もかわいい。
共通パート等で霧江と貧乳煽りからのバトルの流れはもはやジャスナスの風物詩って感じで見ていて面白い。
自分なりの勇者スタイルを貫く我が道を行くタイプのキャラではあるんだけど、個別はいると子供っぽい一面が見れたり、主人公に可愛いと思っても思えるように頑張ってみたりと女の子としての真奈の可愛さを堪能できて実に良かったです。
Hシーンも申し分なく全シーン使えました。
シナリオは最終章霧江戦は勇者真奈していてよかったと思う。学園長戦は蛇足感あるけど主人公にも見せ場がないとね。


#全体的なテキスト
RPG系のパロディが随所に盛り込まれているのが面白かったです。逆にそういうのが苦手って人には合わないかもしれないです。
テンポもいいし、キャラ同士の会話も面白いので楽しく読めました。
特に真奈と霧江のすぐ貧乳煽りになってバトルになってしまう定番の流れが好きでした。
ただ、シナリオ的に感動とかものすごく盛り上がる展開みたいなのはないのでそういうのが見たいという人は期待しないほうが良いと思います。どのルートも結構あっさり最終章が終わっていく。
でも一部のルートを除けばテンポの良さは続くので最後まで飽きずにテキスト読めて楽しかったなと思っています。

 

#まとめ
イチャラブとコメディ要素のレベルが高くてとても楽しめました。
中だるみせず最後まで楽しくプレイできました。